【#英語日記】9.25.16 散歩再開!【#EnglishDiary】

スポンサーリンク

日本人の私が書いた英語日記を、アメリカ人で英語ネイティブの主人に添削してもらって公開します。

最近、お医者さんに「(かわいいけど)少し痩せましょうね~」と言われてしまったお犬どんのために散歩を再開しました。かしこい子なので、犬の散歩に慣れていない私も気軽に連れ出せてとても助かっています。

スポンサーリンク

Original version

I restarted to go to walking with our dog “お犬どん” a few days ago, because he needs to lose weight. He is quiet in the house, but so active when I take him out. He always decide the way to go, so I feel like he takes me out. But, he follows me when he needs like we cross the street and he is trying to go to where he shouldn’t enter in. He is so smart, so I feel free to take him out, even though I’m not used to walk with a dog. When we got used to walking together a little more and the weather gets cooler, I want to take him to a picnic.

日本語訳

数日前に犬の散歩を再開しました。お犬どん、ちょっと痩せなきゃいけないので…。お犬どんは家ではおとなしい子ですが、外に出るととても活発になります。いつも行く方向をお犬どんが決めるので、彼が私を散歩に連れて行ってるような気になります。でも、交差点を渡るときや立ち入ってはいけないところに行きそうになったときはちゃんと言うことを聞いてくれます。お犬どんは賢いので、犬との散歩に慣れていない私でも気軽に連れ出すことができます。もう少し一緒に歩くことに慣れて、気候も涼しくなってきたら、ピクニックにでも連れていきたいなぁと思っています。

Corrected version

間違ったところは太文字で訂正、(*数字)がついているものはNoteで解説しています。

I started(*1) to go to walking again with our dog “お犬どん” a few days ago, because he needs to lose weight. He is quiet in the house, but very(*2) active when I take him out. He always decides which way to go, so I feel like he is walking me(*3) out. But, he follows me when he needs to, like when we cross the street and when he is trying to go to where he shouldn’t enter in. He is so smart, so I feel safe(*4) taking him out, even though I’m not used to walking with a dog(*3A). When we got used to walking together a little more and the weather gets cooler, I want to take him to a picnic.

Note

*1 start ~ again:
restartは今までの事はなかったことにしてはじめからもう一度スタートするという意味。パソコンやゲームの再起動や彼氏彼女との復縁の時に使う。今までの経験はそのままに再開するときはstart ~ again。

*2 very:
“but” and”so” are conjunctions, so both of them back to back is confusing.

*3 walking me:
walk + AでAを歩かせる、散歩させる。
*3Aでwalk with a dogが訂正された理由は、withをつけると散歩をするではなく「犬と一緒に歩く」という意味になり、飼い犬ではない犬の隣を歩いてもwalk with a dogと表せるため。

*4 feel safe:
feel freeは許可を与えるときに使う。
(例)
Feel free to eat anything in the kitchen.(キッチンにあるものは好きに食べていいよ)

—–
Thank you for reading!

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です