【#アメリカ】日本のお米より簡単に炊ける!?メキシコ流でお米を炊いてみたよ!【#作ってみた】【#メキシカンライス】

スポンサーリンク

こんにちはアメリカに来て3ヵ月。
少しずつ日本の家庭料理以外にもチャレンジしています。

今日はメキシコ料理の基本中の基本!
メキシコ流のお米の炊き方をご紹介します。

炊飯器を使わず、鍋で簡単に炊けます。
お肉と一緒に食べるととてもおいしいので、ぜひチャレンジして見てくださいね。

スポンサーリンク

メキシコでのお米

こちらに来て初めて知ったのですが、実はメキシコではお米をよく食べます。

ただ、日本のお米とは違い白米で食べることはほとんどなく、大抵コンソメやトマトソースで味付けされています。

食べ方は、肉や野菜、ビーンズと一緒にトルティーヤに挟んでタコスにして食べたり、前に英語日記でご紹介したようにソースをかけて食べたりします。

【#英語日記】5.26.16 ママの味【#EnglishDiary】
日本人の私が書いた英語日記を、アメリカ人で英語ネイティブの主人に添削してもらって公開します。昨日は更新をお休みしてすみません。昨日はこの英語日記を添削してく...

私は、チキンやソテーした魚に一緒に食べるのが好きです。

メキシコ流お米の炊き方

義母と義伯母に教えてもらったレシピです。
炊飯器は使いません。鍋で炊きます。

材料(1人分)

分量をはかって作ったことがないので、以下は大体の分量です。

ロングライス ※1 1カップ
2カップ 水の量はお米の2倍~3倍です。
オリーブオイル 適量 サラダ油でもOKです。
チキンコンソメ ※2 小さじ1
チキンコンソメ トマトブイヨン入 ※2 小さじ1 無かったら普通のチキンコンソメ2杯でもOKです。

※1 : パッケージの説明を読んで必要であれば軽く洗っておいてください。ちなみに、私たちの家ではいつもこの種類を使っています。

IMG_0344

これからお米を買われる方はロングライス、インディカ米、タイ米などと書かれている「長いお米」をご購入ください。
例えば、下のようなものです。

ただし、香りがついているもの(ジャスミンライスなど)を買わないように注意しましょう。
スーパーでもお米コーナーの片隅に置いてあると思うので、見てみてください。

※2 : トマトブイヨン入りのコンソメは色付け用なので、無かったら普通のチキンコンソメだけで大丈夫です。
私たちの家では、この2種類に加えてトマト缶を入れることもあります。

IMG_0355

作り方

1. 中火でお米をオリーブオイルで炒める

IMG_0351

2. お米が少し茶色く色づいたら、弱火にして水を加える

IMG_0352

分量を量らないときは、水を入れる前にお米が鍋のどのくらいまで入っているか高さを見ておいて、その高さの2.5倍になるぐらいまで水を入れます。

水を入れたら混ぜたりせずお米を極力触らないのがおいしく炊くコツです。

3. コンソメを入れて好みの味に調整する

IMG_0353

一応、分量は書きましたが、ご自身の好きな味に調整してください。
ちょっと味が濃いぐらいがいいです。

また、火が強すぎるとこの時点で水が蒸発してしまう可能性があるので、気を付けてください。
水の量については2の説明を参考にしてください。

4. 蓋をして、水がなくなるまで煮る

IMG_0354

完成

IMG_0356

最初に炒めていた時に、オリンピックに集中してしまってちょっと焦げました(笑)

 

日本に居た時は、ロングライスはパサパサしていておいしくないイメージがあったのですが、アメリカに来てこのイメージが大きく変わりました。
手間がかからず簡単に作れてすごく便利!!それでいて美味しいです!!

まずは、ソテーしたお魚やチキンと一緒に食べてみてはいかがでしょうか?

皆さんもぜひ試してみてください。

 

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です