【#主人の英語日記】 8.1.16 MEAT!! YAAY!!【#EnglishDiary】

スポンサーリンク

英語ネイティブの主人が書いた英語日記を、日本人の私が日本語に翻訳して公開します。

日本のお肉とアメリカのお肉って全然違いますよね。いつもお買い物するときに日本食に合うお肉がなくて困ってしまうぐらい…。最近冷しゃぶが食べたいんだけど、さすがにアメリカのお肉では難しいかなと思っています。

スポンサーリンク

Danna-san’s English Diary

Hello, This is Danna-san today. Yana is currently in bed dying from a cold, so today we talk about the differences between Japan and America in a certain topic. Today i wanted to talk about another thing that is close to my heart and that is meat, beef in particular . I come from one of the largest meat producing states in America and me and my family used to raise cattle so this topic relates to me directly in a way. Japan and America differ greatly in how they eat beef. Japanese mostly prefer thin soft cuts with fat in between . I assume this is mostly due to the beef being easier to eat with chopsticks this way . Americans on the other hand tend to prefer their beef the complete opposite, Thick lean cuts of beef are the norm here. Many people do like soft meat though but here instead of eating the fatty portions of meat which are naturally soft we tend to use many different types of marinades and sauces to make the meat tender from the outside. Many cities and states in the United States have their traditional sauces which use everything from soft drinks, like Dr. Pepper or 7UP, to fruits to vinegar and mustard to soften the meat . You can sometimes learn where someones hometown is from the sauce they prefer on their meat. This big difference in the way meats are eaten did irk me somewhat when I first moved to Japan but I slowly learned to love it and now get the urge to eat some nice thin cuts from time to time. I’m sure my wife has a hard time when eating beef here in The States at times but I’m sure she will get use to it and maybe even make her own sauce one day. I cant wait to give it a try.

日本語訳

こんにちは。今日は僕、旦那さんの番です。やなは風邪のせいでベッドで死にかけているので、彼女は放っておいて僕たちでアメリカと日本の違いついてお話しましょう。今日は僕がとっても好きなものの1つであるお肉について、特に牛肉についてお話したいと思います。僕はアメリカの中でもお肉の生産量が一番多い州の1つに住んでいて、僕と僕の家族は昔牧畜をしていました。なので、ある意味このトピックは僕に関係があります。日本とアメリカでは牛肉の食べ方が全然違います。日本では、油の乗った柔らかい薄切りが好まれるように思います。その理由は、柔らかく薄い牛肉の方がお箸をで食べやすいからだと考えています。一方、アメリカのお肉は完全に対照的で、一般的に厚い赤身肉がお肉が好まれる傾向にあります。もちろん柔らかいお肉が好きな人は多いのですが、アメリカでは脂身の多い柔らかいお肉を食べない代わりに、僕たちは色んな種類のマリネード(漬け汁)やソースを使って外側からお肉を柔らかくします。アメリカには、お肉を柔らかくするためその町や州伝統のソースがあって、そのソースにはソフトドリンクからフルーツ、ビネガーやマスタードまで色々と個性的なものが使われています。お肉にどんなものをかけるのが好きかでその人の出身地を当てられることもあります。僕が初めて日本に移住した時はお肉の食べ方に関する日本とアメリカの大きな違いに悩まされましたが、すこしずつ薄いお肉も美味しいなと思うようになって、今や時々おいしい薄いお肉が食べたいと思うようになりました。僕の奥さんはアメリカの、この州のお肉を食べるのに慣れるまで大変だと思いますが、彼女もきっと慣れるだろうと思うし、彼女オリジナルのソースまで作っちゃうぐらいになるんだろうなと思っています。それまで待ちきれません。

Note

*by her husband:
If you thought the language is too difficult, blame Yana. Because she said the last one is too easy!!

—–
Thank you for reading!

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です